鹿内武蔵のトレードオンラインサロン

グルトレ実弾検証レポート

グルトレEA実弾検証(19)ユーロNZドル売りは-2.48%(2019/8/16~08/21)

2019年8月16日~8月21日のグルトレEA運用結果です。このときは、ユーロNZドル(EURNZD)を、ボリンジャーバンドを基準に売りました。

最初はボリンジャーバンドの+1σより下で推移していて良い感じだったのですが、ポンと跳ね上がって+1σをもう一度上抜けしたところで損切りをしました。

粘っても良かったのですが、このときは損失回避を優先しました。

運用の設定とトレード結果

勝敗 敗北…
運用期間 2019/08/16~2019/08/21
通貨ペア ユーロNZドル(EURNZD)
狙った相場の方向性 売り
分析ロジック ボリンジャーバンド反発
取引単位(子本体/サポート) 1000通貨/10000通貨
子本体値幅(設置間隔/利食い値幅) 10pips/50pips
サポート設置間隔 100pips
開始レート 1.72093
終了レート 1.73414
子本体回転数 18回(買い:14 売り:4)
損益率 -2.48%
損益 -7,444円
運用口座 外為ファイネスト(法人口座)
運用環境 VPS(ABLENET)
グルトレ検証

チャート分析、売買の根拠

グルトレ検証

このときのユーロNZドルのように、暴れて暴れて、最終的には逆サイドの2σまで到達するパターンもありますが、付き合うとけっこう損切りが深くなって心が乱れます。

今の資金配分だと追いかけきれない部分があるため、例えば資金多めで100pips程度で損切りするハイ・グルトレと、資金少なめで直近の高値や安値を完全に越えるまでは粘るミニ・グルトレの併用みたいな形が必要ですね。

売買履歴の一覧

グルトレ検証 グルトレ検証

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
鹿内 武蔵
鹿内 武蔵
国内唯一の月刊FX情報誌、FX攻略.comの副編集長として11年間、取材・執筆・編集に携わったのち、2019年に独立。FXライターとして記事の執筆をしつつ、トレーダーとしてFX運用を行う。